宇宙戦艦ヤマト2199

宇宙戦艦ヤマト2199あらすじ
『宇宙戦艦ヤマト2199』(うちゅうせんかんヤマト2199)は、2012年に劇場先行公開およびビデオソフト先行発売、2013年以降にテレビ放送予定のアニメ作品。
西暦2199年、地球は謎の異星人国家・ガミラス帝国の侵略を受けていた。ガミラスは冥王星に前線基地を建設し、西暦2192年より、地球に対して遊星爆弾による無差別攻撃を加えていた。海は蒸発し地球は赤茶けた姿に変貌し、放射能汚染で地上の生物は死滅する。人類は地下都市を建設し、地球防衛軍を結成して抵抗を続けていたが、科学力の差の前になす術もなく、地下にも放射能汚染が進行し、人類の絶滅まであと一年と迫っていた。
最後の地球防衛艦隊も壊滅し人類生存の希望は完全に潰えたかに見えた時、外宇宙から飛来した一隻の宇宙船が火星に不時着、通信カプセルが回収される。その中には、宇宙の彼方イスカンダル星から、「放射能除去装置 コスモクリーナーDを受け取りに来るように」とのメッセージと、航海に必要な波動エンジンの設計図が納められていた。
九州・坊ノ岬沖に、250年も前の世界大戦の末に沈んだ戦艦「大和」も、干上がった海底にその姿を晒していたが、実は、選ばれた人類と生物を地球から脱出させる宇宙移民船へと極秘裏に改造中だった。地球防衛軍は、この「大和」に、波動エンジンを搭載し、コスモクリーナーの受領のための宇宙戦艦「ヤマト」に改造した。
14万8千光年の彼方、大マゼラン星雲のイスカンダル星に向け、1年以内に地球に帰還しなければ人類滅亡という状況下、宇宙戦艦ヤマトは人類最後の希望を託されて往復29万6千光年の旅に発つ。
ヤマトはガミラス帝国と戦い、未知の宇宙空間における障害を乗り越えながら、イスカンダルを目指して行く。
(wikipediaより)


1話「イスカンダルの使者」
「RuTube」 「Nosub」 「LeTV」 「アニタン」 「bilibili」 「B9」 「GoGoAnime」 「Anime44」

2話「我が赴くは星の海原」
「RuTube」 「Nosub」 「LeTV」 「アニタン」 「bilibili」 「B9」 「GoGoAnime」 「Anime44」

3話「木星圏脱出」
「RuTube」 「Nosub」 「LeTV」 「アニタン」 「bilibili」 「B9」 「GoGoAnime」 「Anime44」

4話「氷原の墓標」
「RuTube」 「Nosub」 「LeTV」 「アニタン」 「bilibili」 「B9」 「GoGoAnime」 「Anime44」

5話「死角なき罠」
「RuTube」 「Nosub」 「LeTV」 「アニタン」 「bilibili」 「B9」 「GoGoAnime」 「Anime44」

6話「冥王の落日」
「RuTube」 「Nosub」 「LeTV」 「アニタン」 「bilibili」 「B9」 「GoGoAnime」 「Anime44」

7話「太陽圏に別れを告げて」
「RuTube」 「Nosub」 「LeTV」 「アニタン」 「bilibili」 「B9」 「GoGoAnime」 「Anime44」

8話「星に願いを」
「RuTube」 「Nosub」 「LeTV」 「アニタン」 「bilibili」 「B9」 「GoGoAnime」 「Anime44」

9話「時計仕掛けの虜囚」
「RuTube」 「Nosub」 「LeTV」 「アニタン」 「bilibili」 「B9」 「GoGoAnime」 「Anime44」

10話「大宇宙の墓場」
「RuTube」 「Nosub」 「LeTV」 「アニタン」 「bilibili」 「B9」 「GoGoAnime」 「Anime44」

11話「いつか見た世界」
「RuTube」 「Nosub」 「LeTV」 「アニタン」 「bilibili」 「B9」 「GoGoAnime」 「Anime44」

12話「その果てにあるもの」
「RuTube」 「Nosub」 「LeTV」 「アニタン」 「bilibili」 「B9」 「GoGoAnime」 「Anime44」

13話「異次元の狼」
「RuTube」 「Nosub」 「LeTV」 「アニタン」 「bilibili」 「B9」 「GoGoAnime」 「Anime44」

オープニングテーマ「宇宙戦艦ヤマト」 ささきいさお
第一章エンディングテーマ「星が永遠を照らしている」結城アイラ

宇宙戦艦ヤマト2199声優
沖田十三:菅生隆之
古代進:小野大輔
島大介:鈴村健一
森雪:桑島法子
真田志郎:大塚芳忠
徳川彦左衛門:麦人
南部康雄:赤羽根健治
相原義一:國分和人
太田健二郎:千葉優輝
佐渡酒造:千葉繁
榎本勇:藤原啓治
新見薫:久川綾
山本玲:田中理恵
原田真琴:佐藤利奈
岬百合亜:内田彩
加藤三郎:細谷佳正
篠原弘樹:平川大輔
山崎奨:土田大
薮助治:チョー
平田一:伊勢文秀
伊東真也:関俊彦
星名透:高城元気
古代守:宮本充
土方竜:石塚運昇
藤堂平九郎:小川真司
芹沢虎鉄:玄田哲章
山南修:江原正士
島次郎:小松未可子
シュルツ:島香裕
スターシャ・イスカンダル:井上喜久子

コメント欄

宇宙戦艦ヤマト2199 コメント

  • www

    +4
    -3
  • 匿名

    kita.
    小泉が古代

    +7
    -2
  • 匿名

    なんか凄そうだな

    +5
    -3
  • 匿名

    待ってました♪

    +0
    -3
  • 5

    艦隊戦や雪はいいが・・・
    エンディングが軽すぎるな・・・

    +1
    -0
  • 匿名

    6

    しゅんそーく

    きっつああああああ

    はーーーーーん

    +3
    -1
  • 抹茶

    7番

    +3
    -1
  • 駄目人間名無しさん

    ktkr!!
    今度こそ安心して観られそうだ。
    我々10代20代にもファンを増やしてほしいんだけどなぁ

    +0
    -1
  • 匿名

    オズマに続いてヤマトとは。
    今年は零士の記念年か何かなのか?
    今さらヤマト?な感が強いが、放射能汚染とかある意味タイムリーではあるね。
    しかし最近、昔の作品の焼き直しが多いような・・・。

    +2
    -0
  • 名無しさん

    チョーさんの存在感w

    +4
    -2
  • 匿名

    35年も昔の、化石化したコンテンツに資本をつぎ込んでどうするんだよ?

    もっと若い才能に金を使えよ!!!!!!!!

    そもそも、ヤマトの歴史は「ファンを裏切り続けてきた」歴史です。
    やっと「完結篇」で止めを刺したヤマトを、いまさら・・・

    西崎も死んで、これでようやく「ヤマト詐欺」も終わったと安心していたのに、これだよ。

    +0
    -3
  • リメイクはおおいに賛成~のオバハン

    下手な鉄砲も数撃てば当たる!


    +0
    -0
  • 匿名

    この「宇宙戦艦ヤマト」に、松本零士は関係していない。

    そもそも、西崎vs松本で「ヤマトの著作権争い」があり、裁判で西崎が勝った。
    宇宙戦艦ヤマトの著作権は西崎にある。(故人だけどね)

    負けた松本が、この新作に関わるわけがないので、人物が微妙に違うわけ。

    +1
    -0
  • tako

    なんか面白くなりそう。
    新しいヤマトに期待

    +2
    -0
  • プラス+

    最近昔のアニメだすの好きだな・・

    +1
    -0
  • 匿名

    「真っ赤なスカーフ」がEDじゃ無いのか…

    +3
    -0
  • 匿名

    ヤマトシリーズがすごい好きです(実写以外)

    今回のリメイク版、どうなるかと思ったけど、すごく面白かったね。
    若干、自分的には昭和臭さが残ってる場面もあったけど、これはリメイク版の醍醐味ということで(^^)
    出演声優の声もあってるし、思った以上に出来が良かったし、他の名作の様に、後世に残すアニメとして、今後も続いていってほしいなぁ。

    楽しみです!

    +1
    -1
  • 匿名

    小野さんと桑島さんの声が役にあっていて、安心しました。
    沖田十三役の菅生さんの声聞いて、渋くていい声、なんか聞いたことあるなと思ったら、銀魂の四天王篇の次郎長と同じだったんですね。あの時から彼の声が忘れられません。
    ちなみに、鈴村さんの声を聞く度に、同じく銀魂の沖田総悟を思い出してました。

    +0
    -0
  • 匿名

    著作権がどうこうより、松本零士の絵じゃないから嫌だな。面白いよ?内容も良いと思うけど、松本零士の絵が良すぎるし好き過ぎる。デスラーが微妙だったらそこから見ないかもなー・・・

    +3
    -1
  • #

    1thの途中打ち切り放映での汚点である 「中途半端なストーリー」を
    正しく作り直すことに価値を探す。
     製作者側に本当の熱意があるなら
    キャラもデザインも宮川音楽も
    まったく新しいものを生み出してもらいたかった。それをせず、
    温故知新と逃げるなら
    新しいファン層(10代20代)を食い物にしてるだけの作品といえる。
    西崎、東北新社、これに加えスポンサーも同類なのかも。

    +0
    -1
  • 匿名

    最近、昔の作品リメイクするのが流行ってんの?いや、わるくはないんだけど。。。

    +0
    -0
  • 匿名

    沖田さんは初代の声が良すぎるな

    +1
    -0
  • 匿名

    麦人さんが艦長役をなんでしてないんだ!!

    +0
    -0
  • ひゅうが

    これはアリだと思います!映画と実写のよりも全然出来がいい。
    これなら松本先生携わってなくても見ちゃいます><;松本先生ごめんなさいw

    +1
    -0
  • 匿名

    今さらですが、青野武さんのご冥福をお祈りいたします。

    +2
    -0
  • 匿名

    今回のEDはスカーフ振ってたあの娘のアンサーソングだよ。

    +0
    -0
  • 匿名

    早く続きが見たいな

    +1
    -0
  • 匿名

    胃痛い」

    +0
    -0
  • ウエストケープ

    西崎さんの名がエンデイングロールに載っていたのが驚き!
    腐っても鯛だなw

    +0
    -0
  • 匿名

    若い才能に任せた結果が今のアニメ業界の悲惨な状況。
    こういった骨太の作品をリメイクするしかコンテンツの質を維持できないのが現実。

    若い連中は、文句を言う前に実力で企画を通してみろよw

    +2
    -0
  • 匿名

    ヤマトよりナデシコやってほしい。

    +0
    -0
  • 匿名

    聞けば聴くほど…今は亡い或いは現役ではない人達(声優…だけじゃないんだけど)を思い出すヤマト世代です。
    70年代の…石油ショックの頃によく似た時期にもう一度と思ったのでしょうけどね。
    「原作・西崎義展」onlyは許せないけどねっ!

    +0
    -0
  • 真っ赤なスカーフは泣ける

    折角なら、一部のSFファンには期待されていたものの
    当時、一般的にはハイジの裏番組で不人気のうちに
    2クールで短縮で端折って打ち切られてしまった
    公開されていないあんな話やこんな話も映像化して欲しい

    +0
    -0
  • 15歳学生(ヤマトシリーズはすべて見ました)

    いろいろ設定が変わってるっぽい
    けど、これはこれで面白いのでOK

    続きが楽しみです

    +0
    -0
  • 匿名

    もうこのシリーズやめてさ
    宇宙空母赤城とかやろうぜ

    +0
    -0
  • 匿名

    勘違いしてる人が多いのか、只の松本信者なのかわからないけど
    宇宙戦艦ヤマト自体は西崎が作ったものだからね
    松本は初代のメカデザインとキャラデザインだけ
    ガンダムで言うと大河原が何故かガンダムは
    俺の作品だ!と富野と争ってたようなものなんだよ

    初代より2や3の惑星間戦争が絡むヤマトのが好きです
    そして松本の漫画版ヤマトとかどれも投げ捨てたくな
    るようなレベルなので西崎批判ばかりしてる人は
    松本松本言ってないで一度見てみる
    個とをお勧め

    2199は現在のクオリティと現代の感性、そして
    完成して後に設定されたものや当時の描写不足
    を補完、掘り下げしながら作ってあって凄く良いですね
    あとは…復活編もなんとか完結させて欲しい所ですね

    +2
    -0
  • 匿名

    製作サイドの話とかさ、作品を見る側からしたら大した問題じゃないと思うんだよね。
    要は良いと思えるかどうかだと考えてる。

    オレは「さらば~」とかを当時小学校高学年で見た世代だけど、2199はまぁまぁ良いと思える。
    実写ヤマトはクソだったけどさ。

    2199は現代でウケるようなアレンジにするのは分かるけど、島が少し軽い気がするのとエンディング曲が軽いのが気にかかるかな。
    生死をかけて生きてる世界とかにしてはちょっと軽いんじゃないかなってさ。

    +0
    -0
  • アホか

    松本零士は、初作の監督だぞ?
    全て西崎が作ったとか書いてる馬鹿は何なの?

    +0
    -0
  • 匿名

    松本零士はヤマトの企画段階から参加してた
    当初はもっとSF色の強いデザインだった主役艦を戦艦大和型にしようと言い出したのが途中から入ってきた業界ゴロの西崎
    ヤマトだけ浮いたメカデザインと設定なのはそのせい
    そういう意味では影響を与えたとも言えるけど
    あと西崎名義の本はゴーストライターの人が書いたもので本人は文才もSF知識も全然なかったらしいよ

    +0
    -0
  • 匿名

    全部松本が作ったとか言ってるバカはなんなの?
    西崎側が勝った裁判でもよく見てみたら?まあ松本が裁判バカだけどなw

    +1
    -0
  • 匿名

    期待して無かったが、なかなか良いじゃないか。
    光線が船内を切り裂く所とか無重力で血の雫が漂うとかの描写もなかなかのものだよ。
    しかし、どうせ零士絵じゃ無いならいっそ、敢えて思い切りナチュラルな
    キャラデザインが良かったかもな。
    あの看護婦はなんだありゃ。うんざりするよ。
    あと、ヤマトで科学的考証を持ち出したら負け。
    歌舞伎の黒子に文句言うくらい無粋。

    あの当時の戦争物に欠かせなかった悲壮感が出せるか、期待だな。

    +3
    -0
  • 匿名

    どぉでもいいがこんなんよりYAMATO2520を復活完結してくれ。。。未だに続き気になっとんねん(´・ω・`)

    +0
    -0
  • そと

    999とハーロックとヤマトの合いえいがみたい

    +0
    -0
  • Comments are closed.