剣王朝

剣王朝ストーリー
時は中国の春秋戦国末期を舞台にした物語。韓をも併合し、趙との戦いも終わったばかりである。秦の君主は趙の残留戦力を殲滅しながら、秘密要塞「剣炉」で打たれた伝説の「大刑剣」を探す。これは一人の青年「丁寧」が仲間と共に剣の修行の旅をし、秦の統一の覇業を成し遂げ、剣王朝を作り上げる物語である。
(wikipediaより)


TOKYO MX 1/6(土) 2:10~

1話

2話

3話

4話

5話

6話

7話

8話

9話

10話

11話

12話

オープニングテーマ「宿業ノ剣」いとうかなこ
エンディングテーマ「いばらの灯々」原由実

剣王朝声優
丁寧(テイネイ):下野紘
陳監首(チンカンシュ):岩澤俊樹
梁聯(リョウレン):うえだゆうじ
扶蘇(フウソウ):天﨑滉平
夜策冷(ヤサクレイ):中原麻衣
商のお嬢様:小見川千明
趙四(チョウヨン):斎賀みつき
白山水(ハクサンスイ):原由実
鄭秀(テイシュウ):渕崎ゆり子

コメント欄

剣王朝 コメント

  • #

    主題歌はいとうかなこというで良さうだったけど、初っ端のopの映像ですぐに切りました。中国の人が作る話の展開に合う日本人の方はいるのでしょうか。

    +10
    -2
  • #

    構成がメチャクチャ。春秋戦国時代の設定なのに、ウェットスーツの工作員が出てくるし。時代考証どころじゃない。話もぶつ切りのあらすじみたいな作りだし。訳が分からん。制作は日本の会社になってるけど、どういう事だ?シリーズ構成と脚本は中国人?

    +19
    -9
  • #

    見てて全然意味が分からん

    +12
    -4
  • #

    まだアニメは観てないが中国人の作品か…んじゃ観ない。

    +11
    -3
  • #

    声優ばかりが豪勢だな

    +2
    -1
  • #

    中国のなのやだ

    +2
    -3
  • #

    中韓嫌嫌と言うのは、日本が負けていると自白しているようなもの。作品に国境なし。

    +4
    -9
  • むふふ

    中韓嫌嫌は各自の好き嫌いだから、どこが「負けの自白」かさっぱり根拠不明だが、最後まで我慢して見た感想としては「意味不明なチャンバラ」につきる。前半の伝説の剣ぽいの手にしても「だから?」って感じだし、最終回の冒頭部分の女との戦闘も何の意味があるのか全く不明だし、長髪で氷使いの女はどっちがヤサクレイか見分けつかないし・・・まぁ国境関係なく間違いなく駄作に1票。

    +12
    -1
  • #

    >>7
    おまえ中国人だろw
    すぐ勝ちだの負けだの言い出すのこそ
    くやしくてくやしくて意識しまくってる証拠だろw
    日本に一方的に対抗意識持ちすぎw
    作品に国境なし?
    つまらんもんはどこに持って来てもつまらんわな
    何から何までガバガバで
    何を勝ち誇ってるか知らないけど
    日本人からしたら眼中にないからww
    そもそも張り合いたいなら人気声優とかに頼らず
    内容だけでヒット飛ばしてみろよw

    +1
    -0
  • コメントを投稿